株式会社仙台水産

専門性を深めたグループ会社が連携し、
困りごとを解決する「食文化提案企業」。

代表取締役副社長 石森 克文さん

卸売業は、生産者と生活者(小売店や飲食店)間に位置していますが、仙台水産では単に「卸す」のではなく、両者の困っていることを解決することを本業としています。どのようにして販売したら最も成果があがるだろうか、人手が足りなくても簡単に作れる商品はないか、おいしいごちそうを値ごろで食べたいなど…。そんな困り事を解決するために、グループを形成する食品、運輸、冷凍保管、商事、情報システム会社などが専門性を深めながら相互に連携し、東北最大の「食文化提案企業」として、多くのお客様に最高で最適な提案をお届けしています。
その原動力となるのが人です。当社では「企業の究極の社会貢献は人づくり」の理念のもと、生産者と生活者に信頼され、喜んでもらうために努力することで地域に貢献できる人材の育成に力を入れています。社員から幹部まで全社を挙げての勉強会や研修会、国内外の視察を徹底的に行うことで意識改革を図り、人間力、対応力を養成。また、ビジネススキルや職位・職務に応じた業務知識を高める体制も整え、お客様の期待に応えています。その一環として CSR 本部を設け、グループが一丸となって事業を通じた社会的課題解決への貢献できる人材の育成を実践しています。また、従業員がそれぞれ適切な場所で自分のスキルを発揮し、高いモチベーションで業務を行えるよう、お客様など第三者からの評価を参考にしながら、適材適所な人員配置を推進する一方で、仕事と生活に配慮した労働時間の設定など、それぞれが働きやすい環境整備をも積極的に進めています。
現在当社では、魚の特徴である健康性や地域経済への重要性を理解していただくための「魚食普及」を重点課題に挙げ、魚の消費拡大と「食の提案」をしています。「おいしい」「食卓に感動」「簡便」「即食」とともに地域循環型経済を促す「地産地消」を大切にした商品の開発を推進し、さらなる地域貢献に努めています。

株式会社イメージ1

商品開発の為のミーティング。

株式会社仙台水産イメージ2

仙台市中央卸売市場中央棟。

株式会社仙台水産イメージ3

(株)仙水フーズの「希望の干し干物ギフトセット」

中堅社員が語るキラリVOICE

私が仙台水産を選んだのは、食に興味があったことと釣りが好きで、魚に親しみがあったからです。また、生産者と販売者(小売店や飲食店等)の両者に関わることができる点にも魅力を感じました。入社以来ずっとエビの取り引きに携わっていますが、輸入国の状況を把握しながら、150種類以上もあるエビの中から、何をどの位仕入れるかを判断し、量販店などのお客さんに、どのような形で届けたら喜ばれるかを常に考えています。その提案が当たって、「ありがとう、また頼むよ」と言われた時のうれしさは何ものにも代えがたいですね。
提案のための情報は、主にお客様とのコミュニケーションから得られます。いつも明るく、元気に挨拶をし、言葉を交わす。そんな基本的なことが良い提案に結びつきます。ですから部下へもあまり口出しせずに、明るくのびのびと仕事にあたってもらうようにしています。
当社には市場休という休みがありほぼ週休2日なので、結構家族サービスにあてる時間があるのもいいですね。帰宅時間も規則的なので、大好きなボウリング大会に参加するなど、プライベートライフを楽しんでいます。
これからは、生産者と販売先の目線に立って、新しい提案をもっとできるように勉強していきたいと思っています。宮城県には世界三大漁場がありますので、その利点を生かして、海外も視野に入れた企画づくりに挑戦していきたいですね。当社はやる気を本気で評価してくれるので、やる気さえあれば何でもできます。やる気満々の方、ぜひ、いっしょに仕事をしましょう。

株式会社仙台水産イメージ3
  • 佐藤 拓さん
  • 出身地/山形県酒田市
  • 趣味/ボウリング

<会社概要>

株式会社仙台水産

  • 業種/商社
  • 業務内容/水産物専門商社
  • 設立/1960年11月
  • 資本金/1億5,000万円
  • 代表者/本田 誠
  • 従業員数/98名
  • 所在地/宮城県仙台市若林区卸町4-3-1
  • 電話/022-232-8281
  • WEBサイト/http://www.sendaisuisan.co.jp/
掲載日(令和3年3月)

求める人材像

代表取締役副社長 石森 克文さん

必要なスキルは入社後に身に付けることができますから、人間性を重視しています。食に興味のある人、コミュニケーションをとれる人、面倒なことも進んで行うような前向きな人ですね。家族や家庭を大切に思い、友達がたくさんいる人、より良い関係性がしっかりと築ける人は、きっとわが社で活躍できると思います。当社の仕事には、明るく元気に笑顔であいさつをするだけで上手くいくこともたくさんあります。それが自然にできる人はやりがいを見つけることができるでしょう。皆さんと仕事ができることを願っています。

代表取締役副社長
石森 克文さん