有限会社耕佑

地域の未来につなぐ
新しい農業の仕組みづくりに挑戦。

代表取締役 伊藤 秀太さん

宮城県栗原市一迫の農家4人が、稲作の共同作業を目的に始めたのが耕佑です。その後、1年中安定的に収入が得られる葉物野菜の水耕栽培に取り組みました。当初は家庭的経営でしたが平成10年に会社組織に転換。10棟のハウスのもとで、総勢30数名のスタッフが働くまでに成長しました。現在は、「サンチュ」「サラダ菜」「ケール」「みつば」などを栽培しています。栗駒山からのミネラル分が豊富な地下水で育った野菜は、首都圏の大手スーパーや関西の焼き肉店などに出荷され、やわらかくておいしい上に長く鮮度が保てる、と高い評価を得ています。耕佑の成長の理由は、まず、地域の継続性を第一に、早くから家族経営から脱却し、外部の人材を受け入れてきたことです。この種の企業で親族以外の人に事業継承を委ねるのは稀なケースです。また、自分たちが作りたいものではなく、市場が求めているものを作るマーケット優先の姿勢も挙げられます。さらに、先進的な水耕栽培技術と地域を知り尽くした農家のノウハウが上手く融合した結果とも言えます。
当社の一番の目的は、宮城県栗原市産と記された「サンチュ」などの野菜が、全国の店頭に並び、栗原が広く知られることで、雇用創出や活性化が促進されることです。それには 高品質の野菜を安定的に供給することが重要で、そのための人材育成を積極的に進めています。社内ワークショップを実施し、自分の意見を言える環境を創りながら、問題点を共有し、円滑な業務推進や効率化の施策を考え、時代に合った働き方を見い出し、実践しています。
課題は、組織の経営力強化です。そのため作物の生育や収穫、出荷に対するアプローチを考え、生産管理や人事配置などを行う現場管理者が必要であり、地域の未来につなぐ新しい農業の仕組みづくりに一緒に挑戦する仲間を求めています。興味のある方はぜひご連絡ください。栗原市は「住みたい田舎ベストランキング」で4年連続東北エリア総合分門ベスト3にランクインしています※。新しい暮らし方をお考えの方にとっても素晴らしい地域です。
※「田舎暮らしの本」(宝島社/ 2017年~ 2020年のランキング)。宮城県栗原市移住定住サイトより。

有限会社耕佑イメージ1

サンチュの収穫風景。

有限会社耕佑イメージ2

10棟のハウスで水耕栽培をしている。

有限会社耕佑イメージ3

サンチュは一枚一枚手作業で収穫している。

中堅社員が語るキラリVOICE

農業は変化と成長の連続です。気候変動に伴う栽培適種の変化、目まぐるしく変わる消費者ニーズへの対応などが常に求められます。それだけに、自分たちなりに考えた栽培管理方法などが新しい農業のやり方となり、それがスタンダードになる可能性もあります。そういう意味では楽しみに満ちているといえます。
私が農業をやりたいと感じた当初の理由は、生産から管理、販売、経営まですべて自分一人でできる職業だと思ったからです。しかし、そのような農業を知れば知るほど、とても一人では太刀打ちできないことを知らされました。そのため耕佑ではコミュニケーションを大事に、協力し合いながら生産と販売に取り組んでいます。私は農業を「作業」ではなく「仕事」にするように指導しています。時間に追われながら同じことを繰り返す「作業」と違い、「仕事」はスキルアップを生み出します。例えば野菜を収穫する際、明日はいかに今日より楽に収穫できるかを考えるようにしています。スキルアップはやりがいの原動力です。今後は、作業の状況や目標を見える化しながら、効率化を進め、収益の向上を図り、スタッフに還元していくことで、農業に取り組む若い人たちの夢を応援できればと思っています。
栗原の良さは、都会と違ってありすぎないことです。余計なものがないからこそ、その人にとって本当に心に響く楽しさを見つけることができるとも言えます。みなさんも、ぜひ、栗原に来て、心から喜びを感じることのできるものを発見してください。

有限会社耕佑イメージ3
  • 三浦 史紀さん
  • 出身地/栗原市
  • 趣味/ブラックバス釣り

<会社概要>

有限会社耕佑

  • 業種/農業
  • 業務内容/水耕野菜(サラダ菜、サンチュ、みつば、ケール他)、水稲部門(伊達の米:ひとめぼれ、つや姫)生産販売
  • 設立/平成10年
  • 資本金/950万円
  • 代表者/伊藤秀太
  • 従業員数/30名
  • 所在地/宮城県栗原市一迫柳目字平沢80
  • 電話/0228-52-2140
  • WEBサイト/http://www.kouyuu.net/
掲載日(令和3年3月)

求める人材像

専務取締役 伊藤 秀太さん

施設園芸における生産・収穫・出荷の調整や、人事配置計画などに携わる現場管理者を求めています。マネージメント業務が好きな方や経験者がふさわしいと思います。軽い葉物が中心であり、ハウス栽培ということもあり、女性の方も働きやすい職場です。事実、女性の割合が多い会社です。会社組織として、週休2日の休日制度や年間を通じて定時退社の実施、退職金制度など福利厚生も充実させるなど、ご家族で来られても安心して生活が送れる環境を整えています。また、宿泊施設も用意しています。

代表取締役
伊藤 秀太さん