株式会社フジミツ岩商

カツオ水揚げ量日本一の気仙沼港で
買付ナンバーワンの実績を誇る水産会社。
気仙沼から世界へ漁業の魅力を発信。

専務取締役 岩渕 真一さん

世界三大漁場の一つ「三陸沖」が広がる気仙沼港は、生鮮カツオ水揚げ量が24年連続日本一になるなど日本屈指の規模を誇る漁港です。当社は1979年の創業以来、気仙沼の良質な魚を全国・世界へお届けしたいと鮮魚仲買業を軸に加工品製造や廻船魚問屋業で成長を遂げてきました。東日本大震災で2つの工場を失いましたが、現社長の「為せば成る」の理念の元復興に尽力し、 2019年度には気仙沼魚市場での年間買受総金額と委託販売金額の2部門で1位を獲得しました。これは顧客・得意先さま、従業員、各地域の皆さまに支えられながら漁師の方々との信頼関係を築けてきた結果だと思っています。
カツオ、メカジキ、サンマ、サバ、マグロなど季節によって買付する魚は違い、相場も日々変わります。情報収集力や、判断力が問われプレッシャーもありますが、自分が目利きした魚で喜んでくれる人たちがいるので、大きなやりがいとおもしろさがあります。他にも加工製品の開発・製造、営業、機械設備のメンテナンス業務、廻船問屋業務、輸出業務など活躍できるフィールドは様々です。コロナ禍で取り巻く環境も大きく変化しましたが、時代の変化をチャンスと捉え、持続可能な新たな事業の創出や海外事業の拡大、さらには ICTを活用したスマート漁業などデジタル化にも注力していきます。自分の得意分野で活躍したいと思っている方と地域共創しながら三陸の漁業を盛り上げて行きたいたいですね。
当社では、社員のスキル向上を目的とした免許取得支援制度もあり、社宅も完備しています。職場見学やインターンシップ制度も受け入れるなど、新卒、Iターン、外国人など幅広く採用しています。ライフワークバランスが保てる働きやすい環境を整えるべく、就業時間の柔軟性やテレワークの導入など時代に合った新しい働き方を取り入れていくのは喫緊の課題です。

株式会社フジミツ岩商イメージ1

自社工場内で魚を加工。新しい設備も導入。

株式会社フジミツ岩商イメージ2

缶詰加工用のビンチョウマグロの輸出作業。

株式会社フジミツ岩商イメージ3

本社外観。

中堅社員が語るキラリVOICE

前職は東京でアパレル系の店長を務めていました。やりがいがあり仕事も順調でしたが、夜や業務時間外まで仕事が及ぶことも多く、子どもに時間を合わせることが難しかったため、思い切って転職を決意し、妻の地元である気仙沼に移住しました。気仙沼では漁業の仕事が多いだろうと考えていたのですが、もともと海も釣りも好きだったので挑戦してみたいと思っていました。転職前には仕事の幅を広げるため、フォークリフトの資格も取得しました。現在は、買付から一連の発送作業、加工まで、幅広く仕事を覚えています。
当社を選んだのは、他社と比べて待遇が厚く、また買付額も高く評価が良かったため安定した会社だと感じたからです。面接時の和気あいあいとした雰囲気も好印象でした。実際に働いてみると、気さくに話ができる先輩ばかりで、仕事をするときにはしっかり仕事をして、休憩時間にはたわいない話をするなど、メリハリをつけて仕事ができます。基本は「見て、やって、覚える」というスタイルですが、分からないところや直したほうがいいところは丁寧に教えてもらえるので仕事も覚えやすいです。子どもの行事などでもお休みさせていただけるので、前職と比べて家庭やプライベートとの両立がしやすく、週末には子どもと遊ぶのが楽しみになっています。
当社は、興味のあることをやらせてくれる会社だと思います。漁業に興味がある方は、ぜひ一度チャレンジしてほしいと思います。

株式会社フジミツ岩商イメージ3
  • 坪 幸介さん
  • 出身地/青森県むつ市
  • 釣り、スノーボード、アウトドア

<会社概要>

株式会社フジミツ岩商

  • 業種/製造業(食品)
  • 業務内容/鮮魚仲介、食品製造、廻船問屋
  • 設立/昭和54年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/岩渕光男
  • 従業員数/33名
  • 所在地/宮城県気仙沼市赤岩港128-7
  • 電話/0226-23-8505
  • WEBサイト/現在制作中
掲載日(令和3年3月)

求める人材像

専務取締役 岩渕 真一さん

人財の多様化は企業の成長のドライバーです。若い力、新しい力に期待していますので、自分の強い信念と明確な目標を持って、思いっきり挑戦してみたいと思っている方や、これまでに培った専門分野のスキルを活かして活躍したいと思っている方、やりたいことは積極的に任せますので是非提案してください。国内に限らず、気仙沼と世界を繋ぐ新しい事業を一緒に創造して行きましょう。

専務取締役
岩渕 真一さん