株式会社ヤマサカ

住宅から公共施設、社寺仏閣に至るまで、
美しく、快適な建物を届ける屋根のプロ集団。

専務取締役 熊谷 紘樹さん

約70年前、私の祖父が瓦製造に取り組み始め、その後、昭和41年に屋根工事を行う株式会社ヤマサカを立ち上げました。現在、和風・洋風瓦から社寺仏閣用の伝統的な瓦まで、あらゆる瓦素材を取り扱いながら、屋根の葺き替えや診断、補修など行う総合屋根工事事業を中心に、太陽光発電システム事業、リフォーム事業などの業務を幅広く展開しています。
わが社がある気仙沼地方は、太平洋の潮風や寒風から屋根を守るため、瓦屋根が使われ続けてきました。また、唐桑御殿に見られるように、往時の船乗りたちが豪壮な瓦屋根の家を競って建ててきました。このような独特の自然や文化に培われた技術は、今もしっかりと継承されわが社の強みとなっています。日本三大瓦の一つ三州瓦を地域の自然や風土に合わせてカスタマイズするなど、地域建築を支え続けて来たノウハウは大きな信頼を得、現在、東北はもとより北関東まで業務エリアを広げています。一般住宅から公共施設、重要文化財の社寺仏閣まで手掛け、さらに太陽光発電システム事業では国内の主要メーカーの IDを取得。また、落雪防止装置の開発など屋根事業全般をプロデュースしています。
当社のさらなる強みはマンパワーであり、その育成に力を注いでいます。瓦工事は特殊な業務だけに当初は誰もが未経験です。そのためベテランの職人がマンツーマンで技の継承に努めています。屋根工事技師、屋根診断士、国家資格のかわらぶき技能士など、屋根のプロフェッショナルに育つまでの指導体制が充実しているのも当社ならではです。屋根は家の耐久性、快適性、デザイン決める重要な部分です。また、瓦は何百年と日本建築を支え続けてきました。それだけに人が住む上での一番重要な部分を担い、また、日本の伝統的な施工に携わることができるほか、さまざまな建築工事も経験できる刺激的な現場です。きっとやりがいを感じてもらえるだろうと自負しています。当社では新しいマンパワーでもっと、もっと屋根の可能性を広げていきたいと思っています。

株式会社ヤマサカイメージ1

ご依頼された現場調査は早急に行います。

株式会社ヤマサカイメージ2

瓦や屋根についての相談は随時受け付けています。

株式会社ヤマサカイメージ3

伝統の屋根瓦から太陽光発電まで、幅広くサポート。

中堅社員が語るキラリVOICE

親との同居を考え、生まれ育った気仙沼に戻ってきました。現在は営業企画室で元請や住宅メーカーとの折衝や、屋根に関するアドバイス業務を行っています。「屋根葺き」という普段聞きなれない仕事に興味がわき入社しました。携わってみると、屋根は建物の重要な部分であり、知れば知るほど面白いのに気づきました。当初は専門用語など分からないことが多かったのですが、現場で屋根の仕組みなどを実際に見ながら教えてもらうことで自然と身に付いてきました。丁寧に教えてくれたので、こちらからも積極的に聞くようにしました。
今は、街を歩きながら、いろいろな屋根の構造やデザインを見るのが楽しみになっています。わが社が手掛けた屋根を見つけると、やっぱり他社とは出来が違うな、と誇らしく思いますね。友人に「これはうちの会社でやったんだ」と自慢することもありますよ。
私は中途入社なので社内には自分より若い人がたくさんいます。若い人たちとは同じ目線で話をしながら、できるだけ場を和ませ、年齢を超えた付き合いができる環境づくりを心がけています。現在、この業界は職人不足です。もっともっと若い人が集まる仕事にしていくため、自分なりに、仕事が楽しく、気軽になじめる雰囲気づくりに努めています。気仙沼は明るく、ほがらかな人が多い地域です。私もこの地に戻ってきて前よりも明るくなったと言われています。ぜひ、一緒に働きましょう。

株式会社ヤマサカイメージ3
  • 阿部 洋一さん
  • 出身地/気仙沼市
  • 趣味/車のDIY

<会社概要>

株式会社ヤマサカ

  • 業種/建設業
  • 業務内容/総合屋根工事業、太陽光発電システム事業、リフォーム事業
  • 設立/昭和41年
  • 資本金/1,000万円
  • 代表者/熊谷和彦
  • 従業員数/50名
  • 所在地/宮城県気仙沼市松川前135
  • 電話/0226-23-1459
  • WEBサイト/http://e-kawara.co.jp/
掲載日(令和3年3月)

求める人材像

専務取締役 熊谷 紘樹さん

施工と営業に携わる人を求めています。未経験で入社してもリーダーや社寺仏閣の職人として活躍している社員がいます。明るく頑張り屋なら技術は後からついてきます。営業も同様です。資格取得も社内に実技試験を模したもので具体的に指導します。技術の習得には時間がかかりますが、見放さず育てるのが我が社の教育法です。営業もノルマを設けず、個々の責任で業務を進める方針です。屋根工事は危険が伴うため、いつも明るい気持ちで仕事に取り組んでもらうようにしていますし、そのための環境づくりにもこだわっています。

専務取締役
熊谷 紘樹さん